すっぽん小町と糖尿病の関係

糖尿病は“現代の国民病”とも言われるほど患者数が増え続けている病気です。厚生労働省の調査では、「糖尿病の疑いが強い」人が890万人、「糖尿病の可能性がある」人が1,320万人とかなり多いのに対して、糖尿病は自覚症状がないためか治療をしたことがある方はこの4割程度と言われています。

 

食生活の変化やファストフードが増えたことで日本人は糖尿病にかかりやすい状態と言えます。「すっぽんは糖尿病に効果がある」と言われているのですが、女性に人気の高いすっぽんサプリメント『すっぽん小町』も糖尿病に効果があるのかを調べてまとめました。

 

すっぽん小町は糖尿病に効果があるのか?

すっぽんが糖尿病に効果があると言われているのは、糖尿病はアミノ酸が不足しがちだからです。アミノ酸が不足していると疲労感が出やすくなるため、糖尿病の食事療法ではアミノ酸を積極的に摂取するようにと言われています。また、アミノ酸はインスリンの分泌を促す働きをするため、こういった理由からも糖尿病の方にはアミノ酸が進められています。

 

糖尿病では食事療法、薬物療法と同時に運動療法を行うことも多く、素早い疲労回復のためにもアミノ酸が必要不可欠です。すっぽんは必須アミノ酸を含むアミノ酸19種を含み、アミノ酸を摂取する上で理想的な食材と言われています。すっぽん小町はすっぽんに含まれるアミノ酸をまるごと凝縮してタブレットにしたサプリメントです。

 

血縁者に糖尿病の方がいると糖尿病リスクが高まると言われています。糖尿病改善のためだけでなく、糖尿病予防のためにもすっぽん小町を飲んでみてはいかがでしょうか?ただし、現在糖尿病やその他の病気でお薬を飲んでいる場合は、飲み合わせについてかかりつけのお医者さんや薬剤師へまず相談してみてください。